« 次のシーズンに備え | トップページ | ☆最新が最良☆ »

2021年9月22日 (水)

☆スノースクートとセッション☆

現在販売中のスノースクート One-Dグリッチ、廉価版(シンプ
ルで余計な物が無くて軽い)では有りますが、SAS等全て装備
されて快適な滑走が楽しめます。
※SAS:ボードの取り外しがワンタッチで可能です。

Dsc09485
そのフレームに超人気で癖のない乗りやすいSESSIONボードを
セットしました。
セッションはインサートホールが、
フロント3カ所、リヤ4か所
ありセッテイングの自由度が高いです。
通常セットフロント(ボードをフレームに対し後ろに突き出す)
その他センター、セットバックが有り、セットバックセッテイン
グが一番カービング向きでスピードが出ます。
しかしリヤのエッジ長が短くなる為に丁寧なターンを心がけな
いとリヤボードが流れます。
又リヤボードの後ろに加重する事は、リヤボードが余計に流れ
やすくなりますので注意が必要です。
その為に動きに落ち着きが無くなります。
ヘッドアングル67.5度のOne-Dは余計にリヤ加重になりやすい
ので注意が必要です。
そんな時にBWSのCWSDが、前よりな荷重を実現しリヤボード
エッジプレッシャーを強力にして、フロントボードも落ち着き
乗り味が激変します。

Ssoned_7
時にリヤが流れやすい(フロント逆ハン/ドリフトターン)事が
乗りやすいと言う勘違いを生んでいるようですが、ドリフトター
ンは質の低いターンです。
最初は乗りやすく良いと思いますが、いつかはステップUPし
カービングターンに移行しましょう!

このセッションボードの特徴は、今迄の常識を変えた
フロント/ハードフレックス、リヤ/ミディアムフレックス
です。
フロントボードでグリップし、リオボードをグリップ~流すへ
その時の状況で自由にコントロールできます。

又上級者に大人気の限定モデルカタナRボード(スーパーカービ
ング向き)に変更も可能です。

こちらでご確認願います。









|

« 次のシーズンに備え | トップページ | ☆最新が最良☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次のシーズンに備え | トップページ | ☆最新が最良☆ »