« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月25日 (木)

☆トリニティー AR Ver.4☆

常識的に考えればデッキレスと言うのは考えられませんが、
熱狂的なファンの多いトリニティーARフレームは、Ver.3から
今回のVer.4の場合足を乗せるデッキそのものが有りません。
そこで今回はカッコイイ軽量カーボンで、カッコイイデッキの
製作となりました。
※デッキレスは軽量化の為だけの目的と思われます。

Snowscootv4deck

前回のエントリーでも途中までの製作記を書いていますが、
完成しお客様に納めましたので画像をご紹介させて頂きます。

Snowscootv4deck_set_20210225101901

取り付けはトラブルを防ぐ為にブラインドリベットを使用と
考えていましたが、ナットを取り付けボルト式で脱着可能にし
ました。

Snowscootv4deck_1

フットストラップを装着して完成しました。
Snowscootv4deck_3

機能美を感じられます。
Snowscootv4deck_2

現物合わせの部分が多くフレームを持ちこんで頂く必要が有り
ますが、¥12800で製作可能です。
ご希望が有りましたらHPからお願いします。










🔛


| | コメント (0)

2021年2月19日 (金)

☆トリニティー☆

下記でご案内のCarbonデッキ製作しました。予価¥12800
ブラインドリベットで固定し終了です。
今回2台分製作しましたが、製品化する予定です
興味が有りましたらお問い合わせ下さい。
Snowscootv4deck_set

トリニティー
/スノースクート業界で独創的な製品をリリースする
トゥーレイトスポーツさんは、素晴らしいアイデアから生まれた
製品を常にリリースし、スノースクート業界を牽引するメーカー
(販売店)さんです。
BWSスポーツでも昨シーズンから積極的に販売しています。

ホワイトアロー/パウダーボード(在庫あり)
カッコイイです。
パウダーボードですね。しかし最近のパウダーボードは圧雪
カービングもいけるモデルが多くなりました。
リヤが沈みフロントが刺さる事もなさそうです。

Dsc08635

SSAT(在庫あり)/フロントボードの形状からもわかる通り、
パウダーもOKですね!
カービング・フリーラン・地形遊び・ツリーラン等あらゆる
滑りを研究し作られた思いがひしひし伝わってきます。
ラディウスR8000で、一番小さい回転弧で滑れるように設計
されています。
Ssat_20210219110701

トリニティーARフレーム Ver,4(在庫あり)
潔さが光るフレームです。
Ve,4はデッキレスで自分で工夫して下さい。との事です。
BWSではカーボンパネルでデッキを製作予定です。
完成の時には改めてご案内します。

Dsc08637

Ver,4の特徴はリヤボード取り付け前後幅が260mm、より積極的
にリヤボードのポテンシャルを引き出せる設計になっています。
只横幅は120mmですので、この2っの数字はある意味黄金比で
今迄の経験からボードのトーションを充分に生かせる数字だと
考えます。
Dsc08636

スノースクートSASシステム対応各種BWSアタッチメント
(非貫通ブッシュ)販売しています。
Bwspro20esck15_20210219131001

Bwspro2520

Bolt_2_20210219131001

Bwspro30

BWSオリジナルパーツも沢山あります。


こちらから





 

👀


| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

☆ BWS CWSD ☆

今シーズン初めからテストをしているCWSD(カーボンワイド
スロープデッキ)ですが、スノーモトでのテストは沢山してい
ます。
スロープ角度を変えて見たりもしました。
しかしヘッドアングル67.5度のスノースクートの方が、より
効果が有る筈との考えから今回Oさんにお願いしました。
Qofom73j

※テストスノースクートはスタイルAdesu.
今回野沢温泉スキー場でのテストとなりました。
第一報のレポートが届きました。
『スロープデッキめちゃくちゃ良いですね!ビックリする
くらい激変します
!!
スクートはリアが出よう出ようとなりますが、一瞬にして
それが無くなりました。
EDGE beyondの相乗効果か解りま
せんが、これならスクートでもガンガン倒していけると
思います。』
今迄はヘッドアングル69度のARフレームでテストをして
いましたが、Aフレームではより効果的なパフォーマンス
だったようです。
フロント荷重が増すために、フロントボードも効果的に使え
カービングターンも思い通りに楽しめるそうです。

更なるテストを継続して、来シーズンには商品化したいと
思います。
強靭で軽量なカーボンを使用のビジュアルも非常に
カッコイイです。

Fz2xouxb

Bwscwsd_3


 











| | コメント (0)

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »