« ☆BWSホーム湯ノ丸降りました。☆ | トップページ | ☆SKIBRID☆ »

2020年11月 5日 (木)

☆スノーモトの進化☆

スノーモトはUSAクライトン社が発売のS28(スチールモデル)
から始まります。

Dsc07173

日本のインポーターSAIが権利を買い取り、2009年から開発し
初代アルミフレームを発売しました。
前後対象ナローボードのスノーモトでしたが、満を持して2011
年に非対称ワイドボードを発売し、ハイスピードの安定性が
格段にUPしました。

2011a28evof_1_20201105102001

2015年に発売の初代EDGEは、非常に乗りやすくカービングを
楽しむライダーを増やして、新たな楽しみ方を提案しました。

15snowmoto_edge_2

色々な派生モデルを誕生させて、パウダーブームに乗り大人気
になりました。
オールマウンテン:AllDay, ディープパウダー:フライングフ
イッシュ~パウダーマスター~スーパーフイッシュ、そして
大人気になったSHARKはパウダーよしカービングよしで、スー
パーフィツシュと共にスノースクートライダーをも魅了しまし
た。
Dsc09345

2018EDGEは2台目EDGEで切れのあるカービングを楽しめる
ボードでした。

1918edge_1_20201105102701

更に2019年にはデッキを狭め深いバンク角を実現し、2020年
にはヘッドアングルを69(それまでは72度、リヤボードの取り
付け前後スパンを150mm→230mmにしました。)
今は72/150と69/230を発売し、更に2021は69/270も新発売

します。

2019sharkturq_20201105103301
最新モデルが最良との結論になります。
つまり毎年アップデートを重ねて進化を遂げています。
今後も注目願います。















|

« ☆BWSホーム湯ノ丸降りました。☆ | トップページ | ☆SKIBRID☆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ☆BWSホーム湯ノ丸降りました。☆ | トップページ | ☆SKIBRID☆ »