« 最新のニュースを!② | トップページ | 春はのんびりと楽しむ・・・ »

2019年3月17日 (日)

ボードリペア

皆様ガンガン滑っていますか?
そろそろ春特有の雪質になってきました。
朝一アイスバーン、その後柔らかくなった一瞬は気持ち
が良いのですが、ぼこぼこのコンディションに心折れる
と思います。
そんな時には怪我の無い様にのんびり滑りましょう!

なぜか春はのんびり滑りたくなってしまうのは私だけで
しょうか?

ツリーランもアイスバーンになっている場合が多く、
コントロール出来ずにボード破損・F・フォークを曲げる
事故が多く発生します。

以下の画像は荒れた雪面で引っかかり、フロント・左側
トップシートにクラックが入りました。

Boardrepair

と言う事はコアにもクラックが入っている事になります。
コアはアスペン(ポプラ)にファイバーグラスをエポキシ
で固めています。

完全破損ではなく、左端から8㎝位ですので修理をし
ました。
T2mmのカーボンを使用して修理しました。
まずソールやトップシートを養生します。
次にエポキシの密着を良くするために、トップシートと
カーボンをやすりで荒らします。
本来はモールド(型)に入れて圧着するので、それに
替わる同じ大きさにカットした木片やクランプを多数
用意します。

それでは作業を始めます。
*ファイバーグラスを20cm x 30cmにカットします。
*エポキシを硬化剤と混ぜます。100:23

エポキシが付着してはいけない場所の養生は済んで
います。

*エポキシ塗布面を脱脂する

*ボードにエポキシを塗り、ファイバーグラスをセット
*さらにエポキシを塗り、カーボンプレートをセット
(あらかじめサイズを合わせカット・面取りして置く)
*製作済みの木片で位置合わせし、クランプで圧着
します。

温度が高ければ24時間で完全硬化しますが、今の季
節では暖房の前で2日間置きます。

*クランプを外し、確認後はみ出たエポキシを処理し
ます。
*エッジが少し湾曲していましたのでエッジシャープ
ナーで磨ぎました。
*フレームに取り付けし作業終了

フロントボードの前側のフレックスが強化されていま
すので、ハンドリングへの影響を考慮しフロント前側
少し上げのセッテイングにしました。

後はオーナーさんにお乗り頂き、自分好みのセッテ
ィングをお願いします。


文書にすると簡単そうに思えると思いますが、全ては
ボード製作のノウハウが生かされています。

クラックの入る位置は、フロントボードキックの部分は
薄いので、その部分からの場合が殆どです。

その他ジャンプではリヤボードが折れる事が有ります。

ボードはセット販売ですので、皆様気を付けましょう!

各種保険に加入しているお客様には、ボード破損
でのお見積書も作成します。
お申し出ください。

それではシーズン終了までGoodライディングを!!






|

« 最新のニュースを!② | トップページ | 春はのんびりと楽しむ・・・ »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最新のニュースを!② | トップページ | 春はのんびりと楽しむ・・・ »