« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

BWSダンパー『28SP』発売開始

シーズンインからテストしていました、BWSダンパーで
すが発売開始しました。
既にご注文を頂いていたお客様にはご連絡をさせて
頂きました。
BWSダンパー 28SP ¥7,980税抜

Bws28spall

組み立てをする場合には、これがあると非常に便利
ですので宜しければ購入願います。

Bws_conveniencekit

まずセッテイング位置(スタッドボルトをボードに)を決
めます。
セットフロント:フレームに対しボードを後ろにだす。
セットバック:フレームに対しボードを前に出す。
スキーやスノーボーでも、設計時から?cmセットバック
等表示されているものもあります。
つまりほとんどの各種ボードは、STD状態でバインディ
ングを取り付けしても、ボードに対してセットバック状態
になります。
2枚ボードのスノーバイクは、センターを決めるのは難
しいのですが、年式により違いはありますがセッテイン
グは可能です。
例えばパウダーライディングで、後ろ荷重にする場合
セットバックの方が向いています。
またカービング時にも、ターン後半でリヤ荷重になり
ターンの抜けがシャープになり安定し加速します。
またスピードも出ます。(スキー・スノーボードで意識
的に後傾姿勢になるとスピードが出るのが解ると思
います。)
(フロント荷重の調整は、ハンドルバーをフロントフォ
ークに対して前に倒すようにする。)

締めすぎトラブルを防ぐためにレンチは短く持って作業
します。

Bwssp28_2

特に2018~のフレームの場合には、リヤボードの荷重
による姿勢変化が激しく、リヤボードのエッジ抜けが起
こる場合がありますので、カタカナ  キャンバーセッ
テイングにします。
その為にリヤボード後ろ側2か所に、2mmウレタンス
ペーサーをセットします。

Bwssp28_3

その後SP28レッド(硬度50)をセットします。
Bwssp28_4

更にフレームにセットして、アッパーウレタン レッド
(硬度50)、20パイステンレスワッシャーをセットします。
Bwssp28_5

その後ナイロンロックナットを取り付けしますが、私は
この様にして作業性をUPさせています。

Bwssp28_9

次はフロントです。こちらは前側2か所に1mmウレタン
スペーサーをセットします。カタカナ  の為に、

Bwssp28_6

その後SP28ブルー(硬度40)アッパーウレタン、ステン
レスワッシャーをセットしてこちらもロックナットを取り付
けます。
SP28のフロントに採用の硬度40は、荒れたコンディシ
ョンでのハンドルバーへの衝撃を和らげます。

Bwssp28_7

ロックナットを前後8か所取り付け、28SPに軽くプレッシ
ャーがかかった状態にします。
なるべく平らな所に置きセッテイングを開始します。
機種・体重・スキルその他により変わりますが、フロント
ボード後ろ側で(ロッカーやキックの部分は考えない)
1~2mm位、リヤボード前側で3~4mm位に調整します。
ウレタンにプレッシャーを沢山かけると硬めのセッティ
ングが楽しめます。
柔らかめのセッテイングでも28SPにはプレッシャーが
かかるようにして下さい。
Bwssp28_8

※BWSのロングスタッドボルトは、ねじ山の上側部分と
フレームが擦れる様に設計されています。
下の画像は1シーズン25日位使用のフレームです。
その為にフレームの削れは殆ど起きません。
Dsc01274
フレーム側にボードのたわみによるスタッドボルトの
動きを妨げない余裕が有った方が良いと考えています。
純正のシェービングワッシャーは必要に応じ取り外して
下さい。

このキットのベースになったのは、BWS 30/33SP‐Ⅱで
既に沢山の皆様にご使用頂き実績があり、好評を頂
いています。
こちらはアッパーウレタンは硬めで3mm厚(硬度90)16
パイの物を使用していましたが、今回は8mm厚(硬度
50)20パイに変更し、更にボードの動きを良くし、常に
最適なエッジアングルを保つ事を第一に考えて設計
しました。
結果30/33SP-Ⅱよりもターン時に、更なる強力なエッ
ジグリップを実現しました。
柔らかめのダンパー効果でターン時のバランスも取り
易く、スノーバイクの真骨頂ロングターンも楽しめます。

純正比(2019モデル)13mm ハイトUPにより、強力な
エッジプレッシャーを実現しました。

コンセプトは
   誰でも容易にカービングターンを楽しめる事・・・

エキスパートからビギナー迄を対象にしています。







| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

お買い得なモデルのご紹介!

今の通常ラインナップにテールパイプモデルは、Advan
ce以外は有りません。
只お客様はわがまま(申し訳ありません。)です。
BWSではそのわがままをお受けします。
過去にもこのモデルは人気で、お一人で2台購入して
頂いた例もあります。
今回少量ですが、ご用意しました。

Edgebwssp_1

ビジュアル的にも安定感がありますね!
Edgebwssp_3

標準装備はパッドですが、オプションでアンチスキッド
ピンにも変える事が可能です。

Edgebwssp_5

その他お買い得な中古が沢山あります。
年内に購入希望等有りましたら、当店29日まで営業して
いますのでお早めにお願いします。


いつも仕事(試乗会等)の場合には、ほとんど乗りません。
気持ちを切り替えて、仕事モードの為にそうなります。
23日は店舗でスノーモトの発送作業をこなし、24日は
休みでした。
しかし祭日、道路渋滞が嫌いな私は滑りに行くかどうか
悩んでいました。
しかし今まで自作ボードの本格的なテストはしておらず、
湯ノ丸も中斜面の第3がオープンした為に出かけました。
朝の自宅近辺は強風が吹き、嫌な予感がよぎりましたが
年内最後になる可能性が大なので決行しました。
スキー場への登りアプローチでは雪が積もり、今季初め
てのスノードライブにわくわくしました。
朝一でリフト待ちの列に並び、2本リフトを乗り継ぎ
第3へ、気持ちの良いロングターンが好きですので、
1本目は慎重に滑り降りました。
FP-2Carbon
Smbws_fp2carbon
ボード長により安定感はSHARK等より落ちますが、その
分小回りが利き強力なエッジグリップを感じます。
フレックスは硬くその分安定感は有りますが、もう少し
フレックス・トーションを落とすと、今回の様な沢山の
滑走者で荒れたコンディションでも、エッジコンタクト
が増し、強力なエッジグリップを得る事が可能になると
思います。
初めての作業にしては85点ですね!
Fp2_carbon_5jpg










| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

BWSフットバーご用意出来ました。

大変お待たせ致しました。
BWSフットバー入荷しました。
付属品のエンドキャップが少し遅れて入荷しますので、
その後販売開始となります。
今回フットバーとデッキのクリアランスを大きくする為に
更なる改良を加えました。

Bwsnewfootbar_2
誠に申し訳ありませんが、工賃や材料・溶接代等の
値上げにより、販売価格を値上げさせて頂きます。
詳しくはこちらでご確認下さい。







| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

今シーズン初めての試乗会

今年もこの季節がやってきました。

スノーモト無料試乗会開催のお知らせ!
12/22日(土)

湯ノ丸スキー場
10:00~15:00
参加費無料

Yunomaru

皆様お誘いあわせの上、ぜひご参加下さい。

スノーモトヘビーユーザー様からレポートを頂きました。
田代スキー場

1545072755861_002_2
 

 

スノーモトやスノーバイクに造詣の深いライダーの方
からのレポート、ユーザー目線のインプレ大変参考に
なりました。

 

 今回EDGE CarbonSHARK Mid/Hardの乗り比べです。
スノーコンディションは荒れた圧雪で決して良い状態
では有りません。

 

 EDGE Carbon:今日のコンディションでは、SHARK
比べ荒れたコンディションに左右されず(SHARKとの
比較)切り返しが楽に行えます。前回の硬い圧雪に
感じた、フレックス・トーションの硬さは感じられるも、
それが今日のコンディションでは逆にスパッと寝かせ
られ細身で硬いがゆえに高速域でフロントボードの
撓みを作らなくても安定感があり楽に切って行けます。
この時点でフロントの撓みにゆとりが有るので、
前回に比べ荒れていたバーンでもターン中の姿勢
保持の為のマージンがありました。
今回これに感激しました。
フロントボードのキックポイントの変更も、エッジ長
が伸びた為にこの時の操作性向上に効いてると感じ
ました。

”遠くから雪面を掴むから硬さが活かせる”
クルマやバイクに例えれば、まだフロントタイヤに
グリップが残っていて、容易にコーナリング中の切り
増しが出来る安心感のような。良い意味で
SHARK
みたいにターン最初からの粘る感じが無く、まるで
600cc位のスーパースポーツに乗ってる感じで
ヒラヒラ感を味わえフロントボードを使えます。

 

 

 

 SHARK:ボードの性格上小回りは利きませんが、
その分ワイドな中斜面でロングターンに向いていると
思います。スピードに乗ったターン中の気持ちよさは、
どのボードにも無いSHARKだけの物で今までこの様
なボードは無かったと思います。
今回フロントボードの長いエッジをなるべく使うような
セッテイングでしたが、荒れたバーンでは必要最小限
のフロントエッジを使うボードセッテイングに変えて
みようと思います。面積の広いボード故、バーンコン
ディションに左右されやすく、今回の様な超荒れた
バーンでは気持ちの良いロングターンという訳には
行きませんでした。
ただこれから探るセッテイング次第で
EDGE Carbon
にも、勝るとも劣らないボードだと認識しています。

 

 EDGE Carbonに良さを知り、SHARKのポテンシャル
を探り、SFishを所有し夢のようなスノーモトライフ
を夢見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

BWS Newダンパーテスト!!!

今シーズン初めからテストをしていましたBWS New
ダンパーですが、2019フレームに装着しテストしました。
今までのデータがあり、ある程度の予想はついていま
したが、実際にテストをしてみないと解らない事が起こ
る場合もあります。

フロントハイト28mm/硬度40(ブルー)、
アッパーダンパー
ハイト8mm/硬度50(レッド)、

リヤハイト28mm/硬度50(レッド)、
アッパーダンパー
ハイト8mm/硬度50(レッド)、

今回はアッパーにもウレタンを採用し、ボードの上下の
動きを良くして、常に最適なエッジアングルを保ち最高
のエッジグリップを求めました。
又ウレタンの伸縮による金属が接触する音も消えます。

Dec10_2018_bwsdumper1

2019フレームはデッキ幅が狭くなり、CH-150との相性
が気になっていましたが、問題が無く使用感は抜群に
良いです。
フットバーとの併用でさらにフィーリングがUPします。
Dec10_2018_bwsdumper2

スリムになった2019デッキに合わせたBWSパウダーガ
ードを発売開始します。
軽量・安価¥1980の塩ビ製です。
Bwsnew_powderguard_set


今回で3回目のスノーモトライディングでした。
Flat Performance FP-3を乗り込みました。
スノーマシンによる降雪によりスノーコンディションは
硬く、コースの半ばにはジャガイモがゴロゴロしていて、
FP-3との相性は余り良くありません。
どちらかというとフレックスは硬く、ジャガイモにはねられ
危うくコースアウトする所でした。
この度製作のFPボードシリーズは、ある程度自分の考
えていたパフォーマンスは実現できたと思います。
次のシーズンオフは、更なるハイパフォーマンスボード
を製作できるようスキルUPを目指します。
SHARKに乗った後は、どんなボードでもエッジグリップ
が不足に感じられます。
Dec10_2018_fp3

今回3人とも2019モデルで、SHARK2台、EDGE/Carbon
とS・Fishの2ボード体制のTサンです。
Dec10_2018_1_2

Hさん、2019SHARK初ライドですが、このエッジグリップ
は最強との事でした。
画像では解りませんが、この辺は凄くジャガイモで荒れ
ています。
Dec10_2018_3

いよいよ本格的にシーズンとなります。






| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

スノーモトライディング 2nd,

引き続きSHARKでNewダンパーをテストしています。
19フレームが入荷しましたので、次回より本格的にテス
トが出来ます。

SHARKで攻めるHサン!

Dec032018_yunomaru_2_2

今期初ライディングのTサン!
FP-2カーボンボードをテイスティング中!

Dec032018_yunomaru_3_2

私はレッドAllDayに乗り、現行ボードとの違いを確認中、
ごまかしがきかない緩斜面ですね。
Dec032018_yunomaru_4_2

ボードフレックスが違い比較はできませんが、じっくり
乗り込むとそれぞれの特性が解り、楽しいライディング
でした。
Dec032018_yunomaru_1_2










| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »