« お買い得なモデルのご紹介! | トップページ | ハードバーンに最強SHARKボード お奨めです。 »

2018年12月29日 (土)

BWSダンパー『28SP』発売開始

シーズンインからテストしていました、BWSダンパーで
すが発売開始しました。
既にご注文を頂いていたお客様にはご連絡をさせて
頂きました。
BWSダンパー 28SP ¥7,980税抜

Bws28spall

組み立てをする場合には、これがあると非常に便利
ですので宜しければ購入願います。

Bws_conveniencekit

まずセッテイング位置(スタッドボルトをボードに)を決
めます。
セットフロント:フレームに対しボードを後ろにだす。
セットバック:フレームに対しボードを前に出す。
スキーやスノーボーでも、設計時から?cmセットバック
等表示されているものもあります。
つまりほとんどの各種ボードは、STD状態でバインディ
ングを取り付けしても、ボードに対してセットバック状態
になります。
2枚ボードのスノーバイクは、センターを決めるのは難
しいのですが、年式により違いはありますがセッテイン
グは可能です。
例えばパウダーライディングで、後ろ荷重にする場合
セットバックの方が向いています。
またカービング時にも、ターン後半でリヤ荷重になり
ターンの抜けがシャープになり安定し加速します。
またスピードも出ます。(スキー・スノーボードで意識
的に後傾姿勢になるとスピードが出るのが解ると思
います。)
(フロント荷重の調整は、ハンドルバーをフロントフォ
ークに対して前に倒すようにする。)

締めすぎトラブルを防ぐためにレンチは短く持って作業
します。

Bwssp28_2

特に2018~のフレームの場合には、リヤボードの荷重
による姿勢変化が激しく、リヤボードのエッジ抜けが起
こる場合がありますので、カタカナ  キャンバーセッ
テイングにします。
その為にリヤボード後ろ側2か所に、2mmウレタンス
ペーサーをセットします。

Bwssp28_3

その後SP28レッド(硬度50)をセットします。
Bwssp28_4

更にフレームにセットして、アッパーウレタン レッド
(硬度50)、20パイステンレスワッシャーをセットします。
Bwssp28_5

その後ナイロンロックナットを取り付けしますが、私は
この様にして作業性をUPさせています。

Bwssp28_9

次はフロントです。こちらは前側2か所に1mmウレタン
スペーサーをセットします。カタカナ  の為に、

Bwssp28_6

その後SP28ブルー(硬度40)アッパーウレタン、ステン
レスワッシャーをセットしてこちらもロックナットを取り付
けます。
SP28のフロントに採用の硬度40は、荒れたコンディシ
ョンでのハンドルバーへの衝撃を和らげます。

Bwssp28_7

ロックナットを前後8か所取り付け、28SPに軽くプレッシ
ャーがかかった状態にします。
なるべく平らな所に置きセッテイングを開始します。
機種・体重・スキルその他により変わりますが、フロント
ボード後ろ側で(ロッカーやキックの部分は考えない)
1~2mm位、リヤボード前側で3~4mm位に調整します。
ウレタンにプレッシャーを沢山かけると硬めのセッティ
ングが楽しめます。
柔らかめのセッテイングでも28SPにはプレッシャーが
かかるようにして下さい。
Bwssp28_8

※BWSのロングスタッドボルトは、ねじ山の上側部分と
フレームが擦れる様に設計されています。
下の画像は1シーズン25日位使用のフレームです。
その為にフレームの削れは殆ど起きません。
Dsc01274
フレーム側にボードのたわみによるスタッドボルトの
動きを妨げない余裕が有った方が良いと考えています。
純正のシェービングワッシャーは必要に応じ取り外して
下さい。

このキットのベースになったのは、BWS 30/33SP‐Ⅱで
既に沢山の皆様にご使用頂き実績があり、好評を頂
いています。
こちらはアッパーウレタンは硬めで3mm厚(硬度90)16
パイの物を使用していましたが、今回は8mm厚(硬度
50)20パイに変更し、更にボードの動きを良くし、常に
最適なエッジアングルを保つ事を第一に考えて設計
しました。
結果30/33SP-Ⅱよりもターン時に、更なる強力なエッ
ジグリップを実現しました。
柔らかめのダンパー効果でターン時のバランスも取り
易く、スノーバイクの真骨頂ロングターンも楽しめます。

純正比(2019モデル)13mm ハイトUPにより、強力な
エッジプレッシャーを実現しました。

コンセプトは
   誰でも容易にカービングターンを楽しめる事・・・

エキスパートからビギナー迄を対象にしています。







|

« お買い得なモデルのご紹介! | トップページ | ハードバーンに最強SHARKボード お奨めです。 »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お買い得なモデルのご紹介! | トップページ | ハードバーンに最強SHARKボード お奨めです。 »