« Snowmoto jpページリニューアル | トップページ | 2018シーズンへ向けての準備! »

2017年9月 8日 (金)

お好みのスノーモトは?

毎年小変更がありキャラ変が行われるスノーモトですが、
自分にはどのモトが合うのか解らない場合も多々あると
思います。

※HONDAはセッペンと言って、設計変更が多いです。
良いと思う事を変えないのは本当のサービスではない・・・
との考えからです。
スノーモト(SAI)も常にパフォーマンスUPを考え進化が
止まりません。


S28/ナロー(狭い)ボードを採用した初期のスノーモトです。
一型でボードを製作し、それを前後にセットしそのサイド
カーブを利用しカービングを楽しむ・・・
軽い操作性が誰にでも好まれ今でも多くのファンがいます。
このタイプからスノーモトを楽しむライダーも多いです。
Dsc01190

Evo Ltd/ナローボードよりもハイスピードの安定性があり、
グルーミングバーンでカービングを楽しむには最適な
モデルです。
他のワイドボードに交換で、ポテンシャルUPも可能です。
Dsc00897

Xtream/滑るスキー場やスノーコンディションに関係なく
楽しめます。
しかも味付けの違うボードも標準でセットされますので
その日の気分で楽しめます。
*キャンバーボードの強力なエッジグリップを楽しむ・・・
*素直な乗り味のボードでクルージングを楽しむ・・・
オールマウンテンボードが有れば全てOKです。
Dsc01201

New EDGE/二代目EDGEです。好評だった初代EDGEのサイド
カーブをよりきつくして、
切れ味の鋭いカービングが楽しめます。
よりフィジカルになったEDGEは、乗りこなした喜びも味わえます。
Dsc00273

FUSION/オールマウンテンのモデルをより発展させた
FUSIONです。
よりパウダー性能をUPさせて、本当にこれ一台あれば
どんなスキー場、どんなスノーコンディションでも楽しめます。
Dsc00249

どうですか?
少しはスノーモトの事が理解できましたか?
今なら多くの中古スノーモトの中から、貴方のお気に入りを
探す事も可能です。

是非こちらをチェツクしてみて下さい。









|

« Snowmoto jpページリニューアル | トップページ | 2018シーズンへ向けての準備! »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Snowmoto jpページリニューアル | トップページ | 2018シーズンへ向けての準備! »