« New EDGE | トップページ | フレーム スタッドボルト インサートホール スペーサー »

2016年9月 3日 (土)

新たな試み・・・

先シーズンは、アルペンボードを使った超ロング
ボードをスノーモトに取り付けテストをしました。
今回は、
Dsc07967
フリースタイルボードを2枚使用して製作を開始
しました。
Dsc07968
このボードはRIDEのKX500ゼッケン5と言うボードです。

もともとはKさんとの雑談で、【フリースタイルボード
の柔らかめの物を使い、グニャツとした粘りのある
乗り味を楽しみたい】からヒントを得て、やって
見る事になりました。
エッジ長を中心に考え、ボードが短くてもエッジ
グリップを強力にしたいとの考えを優先しました。
必然的にハンマーヘッドになりますが、SBはキャン
バーがついていますので、新設インサートホールの
位置を間違えると乗りこなせなくなるので、前回の
ノウハウを生かし位置決めをします。
さてどうなる事やら・・・







|

« New EDGE | トップページ | フレーム スタッドボルト インサートホール スペーサー »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« New EDGE | トップページ | フレーム スタッドボルト インサートホール スペーサー »