« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月12日 (火)

中古スノーモトのセットアップ

Adv:3のご予約を頂き、点検整備をしました。
既に殆どの点検整備は済ませていましたが、
店頭引取りと言う事で、最終的なセッテイングを含め
全てを終了しました。
Dsc07704
どんな工業製品にも完璧は有りません。
BWSでは今まで蓄積したノウハウで、一番良い
方法を見つけ作業しました。

シンメトリーボードの弱点は、リヤボードのエッジ
グリップが不足する事です。(エッジが長が短い)
そのボードは勿論プラス面が多く採用している訳
ですが、少しでも弱点を解消するようにセッテイ
ングします。
アドバンスは初~中級者を満足させるパフォー
マンスを発揮します。
中古モトにつき今までのリヤボードをフロントに、
新たに今までフロントに使用のボードをリヤに
取り付けします。
エッジプレッシャーを最大限生かす為に、リヤのみ
リフターが装備されます。
そのリフターの最後部に5mmスポンジを貼ります。
リヤボードのエッジグリップを最強にする為です。
Dsc07788

取り付けた状態です。
取り付けるとボードを下方向に押さえつけています。
Dsc07790

更にリヤボードエッジにプレッシャーを与える為に、
前後アイソレーター後ろ側にスペーサーを噛ませます。
(アイソレーターは新品に交換済み)
Dsc07791

全て取り付け、前後ボードの前側を少し上げます。
(リヤボード)
Dsc07793

フロントボードも同じです。
Dsc07794

これでリヤボードに強力なプレッシャーがかかり、
リヤボードのずれを防ぎ、カービングターンを
決める事が可能になります。
リヤボードをずらして乗りやすくするには、反対の
セッテイングにすればOKですね!

更にガリウム バイオレットベースを塗布し、シーズンに
なれば削りフッ素滑走WAXを塗布すればOKです。
Dsc07796

BWSでは、中古モトに上記のような作業を施しています。
勿論機種により違いはありますが、ライダーの皆さんが
いかに楽しくスノーモトに乗れるようにを思い浮かべ、
常に作業をしています。
その他各部注油、ボードエッジ研磨、消耗パーツの
交換等。BWSフレームプロテクターの取り付けや、
各パッド類の交換等個体により違いもありますが、
安心して乗れる様に仕上げます。

中古スノーモトはこちら
今の季節がチャンスです。






| | コメント (0)

2016年7月 8日 (金)

2017 Newフレームイメージ

Newフレームの最終イメージが発表されました。

17revolution_blue
サンプルフレームが出来上がる前の完成イラスト
画像です。
ロイヤルブルーは、予想より明るいブルーに
ネオンピンクのデカールが配置されます。
ハンドルはマットブラックの9インチ762mm
ワイドタイプ。ステムはアルマイトブルー、
スペーサーはポリカーボネート製のクリアブルー。
グリップはダブルロックオンタイプのホワイトに
なります。
17revolution_blk
そして、マットブラックにはマットネオンイエローの
デカールが配置されます。
ハンドルはマットブラックの9インチ762mmワイド
タイプにステムとグリップがブラック。
スペーサーはクリアブラックになります。
デカールのネオンイエローはかなり目立つ
アクセントになると思います。

なお、REVOLUTIONフレームには今シーズンから
採用されたロウカラーのデッキピン(30本セット)が
標準装備されます。

以上、メーカーからのアナウンスです。
2017Winterの準備は進んでいます。

詳しくはこちらでご確認下さい。



  


| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »