« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

最終在庫処分価格になりました。

 Last_sale
シーズンはまだ残り1.5ヶ月位ありますが、在庫モトを
値下げしました。
もうこれ以上は安くなりません。
ちらからご確認下さい。
在庫あり機種でしたら非常にお買い得です!

パウダー用マーベラス1台
エクストリーム完売
エッジ STDフレーム、EXPフレームあります。
アドバンス ブラック、ブルーあります。

人により残りのシーズン2ヶ月の人も・・・・・

宜しくお願いいたします。





| | コメント (0)

2016年2月23日 (火)

少しハードバーン!

朝一の湯の丸第一は少しバーンがハードでした。
2~3人のスキーヤーと一緒に滑ったのですが、
エッジの長いスキーはパット見楽そうに滑っていますが、
スノーモトのエッジは短く、しかも※セットバック
セッテイングの為に丁寧なエッジングを心がけないと
直ぐにリヤが流れます。
Img_0661
時間の経過と共に、少し温度が上昇しバーンも
柔らかくはなりましたが、場所により注意が必要な
部分もありました。

※セットバック:ボードの取り付け位置を、ボードの
インサートホールの後ろ側にセッテイングする事。
(結果ボードはフレームの前側よりに位置する)
スピードが出る、ターン初めはフロントに過重し
ターンの終了に向いリや過重を強める。
ターンの切り上げでシャープなターンが可能。







| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

BWS Hybrid Damper

Hybrid1
今シーズン当初よりテストをしていましたハイブリッド
ダンパーですが、各パーツのチューニングも済み販売
開始する事になりました。

10セット限定 3/5日発売予定になります。
Bws_hybrid1
ウレタンとコイルスプリングの持つ特性を融合させ、
ウレタンのみと比較してストロークの長いサスペンション
性能を発揮します。
その為に荒れたコンディションでは衝撃を良く吸収し、
ターン時には前後ボードの動きを最適にし、ターンイン
側のダンパーがストロークの長い動きで深いバンク角を
保ちつつ、素直な操縦性を実現します。
リヤはお好みによりミディアム、ハードの使い分けが
可能です。
貴方のお好きなセッテイングを見つけ出して下さい。

詳しくはこちら






| | コメント (0)

2016年2月18日 (木)

カービングでEDGEをかもる・・・

初めてのモトに最適なアドバンスですが、パーク
・フリーランでの使用も考え、ボードはフレックス
・トーションも柔らかめのシンメトリーロッカーボード
を採用していました。
(現在はフラットキャンバーに変更)
その為にカービングは少し苦手でハイスピード
カービングではボードのフレックスが不足し、
バランスを崩す場面もありました。
最もアドバンスのキャラクターを考えると、本来の
ライディングでは有りませんが。
BWSは当時ドライカーボンプレートでリヤボードの
フレックスを強化し、湯の丸第一でハイスピード
カービングを楽しみました。
結果リヤボードの不安感は払拭され、怖くは
有りませんでしたがフロントボードに少し不安が
有りました。
そこで今回カービングマシン【EDGEをかもる】を
コンセプトに、BWSのノウハウをつぎ込み前後
ボードを強化しました。
Dsc07317

フロントボード後ろ側にカーボンプレートを装着、
Dsc07318

リヤボードは高価なドライカーボンプレートで強化、
Dsc07319

これでタイトルのEDGEに並ぶようなカービングが
可能になれば、取り回しの軽さからEDGEより、
楽しめることでしょう!
Dsc07320

2/22日にテストします。





| | コメント (0)

2016年2月17日 (水)

各種テスト

今シーズンも11/30日より殆ど毎週滑っていて
今回13回目の滑走となります。
雪不足で騒がれましたが、スキー場関係者の皆様の
努力で滑走には十分な雪が確保されていました。
Img_0538
上記画像の様な施設を見た事は有りませんか?
一見プールの様に見えます。又勢い良く水を噴出
しています。
大体何処のスキー場にも有るとは思いますが、
人口降雪機の水を確保するプールです。
非常に寒いので一度凍ると春まで解けませんから、
水を循環させて凍るのを防いでいつでも使える
ようにしています。
マイナス7度以下になると大量の雪を降らせる事が
可能になるそうです。
なるべく活躍する日が来ない事を望みます。

今回は2010ナローフレームに2016EDGEボードの
テストです。
Img_0563

過去に似た様な事例があり、今回またしても
チャレンジです。
Kさんから少しのセッテイング変更で、概ねGoodの
お言葉を頂きました。
こちらはレンタルでご利用頂けます。
Img_0570

100mm幅の取り付けにより、トーションをフルに
使います。
Img_0571
Kさん、Tさんにも試乗頂き、改善点も見えてきました。

次は最近テストをしているハイブリッドダンパーです。
Img_0561

ウレタンの硬度、コイルスプリングバネレートも変えての
テストです。
Img_0562

Tさん他Kさんにも乗ってもらい3人でテストしました。
Img_0580

90%終了しました。残り10%は来週のテストで終了
したいですね!
Img_0643

その後各々自分のマシンで思い思い滑ります。
Img_0608

この日のコンディションは、前日の大雨が凍り厳しい
コンディションでしたが、勝手知ったるホームですので
午後2時までガッツリ滑りました。
Img_0614

通常のウレタンは過重により沈みますが、少しの
沈みでその後は踏ん張ります。
ハイブリッドは沈み込むストローが長く、ターン時に
内側の沈み込み量がターンの倒しこみを楽にし、
ターン中のバランスもとりやすくなります。
只現在はセッテイングが完全に決まっていませんので、
硬いコンディションでリヤエッジプレッシャーが不足して
ボードが少し流れます。
リヤのバネレートを少し上げて再チャレンジし完成
させます。
Img_0620

一番右のTさんですが、湯の丸第6で働いている
スノーモトライダーです。
フランングフィツシュとエクストリームに乗り、
リフトの点検等でスノーモトが大活躍しています。
勿論ハイブリッドにも試乗してもらいましたが、
乗りやすいと大好評でした。
Img_0654

今回前日の大雨が凍り、第一のリフト乗り場で
大転倒しました。
(アイススケート場みたいでした。)
足から滑り左ひじを打ち、後に頭を打ちましたが
ヘルメットのおかげで1時間位休憩し回復しました。
もしヘルメットを被っていなかったらと思うとぞっと
します。
自分のためにもヘルメットを被りましょう!







| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

イベント中止のお知らせ!

Kijimadaira
2/14日に予定されていました、
【スノーモトミーティングイン木島平&無料試乗会】は、
悪天候が予想され中止となりました。

お申し込み頂きました皆様、誠に申し訳有りません。
又の機会によろしくお願い致します。


| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

ハイスピードカービングラン!

2/8日の湯の丸は、快晴・無風のしまった湯の丸バーンで
ハイスピードカービング日和でした。
今回はKさん、Tさん、Kさん、BWSの4人です。
2016_02_08yunomaru

特注試作パーツが揃い、ハイブリッドダンパーのテストも
同時進行です。
初めは少し柔らかく、途中でウレタンを交換しリヤの
セッテイングは完了しました。
残すはフロントですが、こちらも簡単に変更できベスト
セッテイングに直ぐに変更可能です。
Dsc07283

ハイシーズンに滑送者の少ない第一で、ハイスピード
カービングを楽しみ、その後移動します。
Img_0516

気持ちの良いバーンで十分楽しみます。
Img_0517

2年目のTさんも、ハイスピードで直線的なターンを
楽しみます。
Img_0519

Kさん、今回はBWS EDGE ハイブリッドをテスト、
Img_0534

きれいなラインを描きます。
Img_0535

その後各コースを楽しみ、今季初のコインポール
チャレンジへ!
Dsc07229

どうしても旗門を意識しすぎ、アクションが遅れ気味です。
Dsc07245

最速タイムのKさん!
Dsc07210

こちらもご覧下さい。

今シーズン前半撮りためた動画はこちら

今回は色んな滑りを楽しみ充実した一日でした。








| | コメント (0)

2016年2月 7日 (日)

中古スノーモトのご案内!

ハイシーズンになり、スノーモト本体やパーツの
ご注文が増えています。

中古スノーモトのご案内です。
①S28/ホワイト
Dsc07173
きれいなベースにBWSサンドイッチナローボード
新品をセットしました。
某オークションで高値で取引されいますが、こちらの
固体は新品パーツを使い仕上げての販売価格です。
これからはじめようと考えている場合にはリーズ
ナブルで、しかもリセールバリューは高いです。
販売価格よりも新品パーツ価格の方が高いです。
詳しくはこちら

②2015Evolution Limited
使用回数3回の極上品です。
元々国内販売されていなかったホワイトの固体です。
ワイド化されたボードに対し、BWSのノウハウで開発
された33_30Type TypeⅡをセットしました。
ワイドボードに対してはハイトUPが有効で、更に
柔らか目のウレタンセッテイングにする事で、ターン時
の倒しこみがイージーになり、誰でも気持ちの良い
ロングカービングターンを楽しむ事が可能になります。
詳しくはこちら
Dsc07180

当店ホーム湯の丸は、非常に寒く・乾燥地帯でスノー
コンディション的にはシーズンを通して、パウダーに
巡り合う確立は非常に低く常にハードバーンです。
その為にエッジグリップは常に不足し、丁寧に乗らないと
リヤボードは直ぐに流れます。
この厳しいスノーコンディションで乗り易ければ、全国
何処のスキー場でも楽しく乗れると考え、テストフィールド
に選び各種パーツを開発販売しています。
柔らかいスノーコンディション等では余り差が出難いの
ですが、それでもパーツパフォーマンスがアドバンテージ
になると確信しています。
上記中古にセットのBWS 33_30 TypeⅡは今季スタッド
ボルトから新規に製作し、ウレタン硬度も最適化し、
ボードの動きをよくして、あらゆるコースコンディションに
対応可能です。





| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

鬼首スキー場

毎年今頃温泉を兼ねて少し滑ってきます。
今まで2~3年圧雪バーンのみでしたが、仙台より
上の日本列島は雪のようでした。
Dsc07161

25cm位の新雪を10本位滑り終了しました。
Dsc07159
時間が無いので、横に長いゲレンデを渡り歩かずに
終了します。
昨年上の方まで行き、パウダーバーンを目の前にして
スノーモトは駄目と言われ引き換えした事が有りました。


ハイブリッドダンパーの硬度違いの試作が出来上がり
テストを開始します。
Dsc07165
前回Xtreamでのテストは、概ねOKだったので最適な
硬度のみ選びテストに長期テストを行ないます。
Dsc07164
前後硬度・バネレートを変更しました。





| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »