« まだシーズンは終わらない・・・ | トップページ | Newカラーステッカー »

2015年4月14日 (火)

史上最軽量フレーム

2015シーズン滑り納めと、2016プロトフレームの試乗
を兼ね、660kmを走破し山形・米沢・天元台スキー場
に行ってきました。
天候が心配されましたが、曇天ながら12時頃迄何と
か雨は降らず持ちこたえてくれました。

ここ天元台スキー場は、縦に3分割されたような地形で
最上部は寒気の影響で寒く、1日中アイスバーンでした
のでパスしました。
中間より下は今の季節はシャバ雪で、スピードも乗り
難く滑り難いのですが、春ののんびりとした雰囲気が
私は好きです。
P1090232
今回は第2世代~のスノーモトを知り尽くしたAさんも
ご一緒しました。
Aさんは2011以降のスノーモトに対する造詣が深く、
特にパウダー系を含め全ての機種を所有しモトを楽
しんでいます。
又お子さんも一緒に滑っていて、スキルも高く将来の
スノーモト界を牽引して頂けると確信しています。

こちらは来季登場予定のテールパイプをカットした
モデルで、史上最軽量モデルと言う事でEDGEボード
をセットして、2015EDGEとの違いを検証しました。
P1090224
テストをして頂いた3人の皆様の第一声は

『フロントが軽い』

リヤボードは体重が載っている為解り難いのですが、
フロントは比較的違いが解りやすい為だと思います。
フォークプレートのセパレート化やコラムシャフトの
アルミ化等により、組み立てる時にも非常に軽く、頼り
ないと感じた程のF・フォークでした。

『軽い為、クイックなエッジの切り替えしが可能で楽しい
・・・』

『リフト乗車中や駐車場からコースまでの運搬が超ラク』


特にここ天元台はロープウェーを使い、雲上のコースに
アプローチする為軽さはその後の体力の温存に繋がります。

只2015EDGEの重量バランスの良さと比較して、私の
フィーリングではその軽さが悪雪でのコンディションに
影響されやすく感じられました。
ターン中の落ち着き感と言うか、ボードが走る時に感じる
フィーリングに違いが感じられました。
しかしシーズン中のGoodコンディションでしたら全く違う
フィーリングになっていたと思います。
2015EDGEのバランスの良さも比較検証で再認識出来ました。
Goodなスノーコンディションの場合には軽量フレームの良い所のみが
引き出せると思います。

Aさん、
Pic_1121
Tさん、
Pic_1132
2016エクスペディションフレーム、
2015シーズン評判の良かったパウダーマスターは
マーベラス、NewボードAlldayと組み合わせてエク
ストリームに設定されます。
Dsc05555
軽量化のメリットは、例えば得意なモトクロスマシンを
例にとると、市販レーサーとワークスマシンの主な違い
は車重バランスです。
一から作るワークスマシンと市販レーサーは、似て非
なる物で各パーツは全く違います。重量の違いは
レース後半に違いが出てきます。
軽い車重は体力の消耗を防ぎ、最後までフィジカル的な
アドバンテージでレースの勝利に貢献します。
それをスノーモトに当てはめてみると、一般的に皆さんが
1日楽しく滑るうとするとどうしても午後は疲れてタレて
きます。その結果翌日に疲れが残ったり、ミスをして
転倒し怪我に繋がる場合が多いです。
軽いフレームは体力の消耗を防ぎ、長い時間楽しく滑れる
事にもなります。
特に女性や体力の無いライダーに選んで欲しいと思います。
勿論BCでのアドバンテージも見逃せません。
※STDフレームも軽量化されて歴代最軽量に仕上がっています。
私なら設定の無いエクスペディションフレームにEDGE
ボードを組み合わせた最軽量EDGEを作ります。
もしお客様でこの様なわがままなオーダーがありましたら
お気軽にお申し出下さい。早い時期でしたらご用意可能です。
こちらもご覧下さい。 
勿論帰りには米沢牛を堪能しました。
Dsc_0042





|

« まだシーズンは終わらない・・・ | トップページ | Newカラーステッカー »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだシーズンは終わらない・・・ | トップページ | Newカラーステッカー »