« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月26日 (土)

新ナローボード

早速ナローボードで組み立てて見ました。
2012年フレームは、ナロー・ワイドどちらのボードも取り付け可能です。
Dsc03799

作業中何か懐かしい気持ちになりました。
Dsc03800

ウッドコア・サンドイッチ構造の為に、サイドウォールが確認できます。
Dsc03803

シンメトリーナローボードの取り付け位置を確認する事で、
前後ボードを1枚のボードとして捉えサイドカーブを利用して
カービングターンをするコンセプトが良く解りますね!
なかなか合理的な作りです。

※サンプルボードにつき、市販品はトップシートがデザインされた
カッコイイボードになります。
来期販売決定しました。





RS Beetle/HH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

News !!

お久しぶりです!
これから続々2015モデル情報をお知らせ出来ると思います。
このBlogを時々チェック!

スノーモトのアイデンティティはナローボードです。
現在ナローボードは販売されていませんが、ナローボードファンは
沢山います。
又ナローボードモデルが市場では高い金額で取引されているのも
事実です。
それだけナローボードに魅力があるということですね!
他にない、オリジナリティーあふれる乗り味が支持されているのだと
思います。
Dsc03792
これはサンプルボードです。
販売時にはデザイン等各部変更されます。
サンドイッチ構造の最高峰ボードです。

Dsc03793
ボードトップです。

Dsc03794
テール部です。
ナローボードはスノーモト初期のモデルから共通で使用可能です。
(S24モデルには御使用頂けません。)
S28やA28のリペアボードとして使用可能ですので、1本折れた場合も
簡単に再生可能です。
※2009~2010A28はサンドイッチ構造のボードを使用していました。
このボードはそれに比べて更に上を行くクオリティーで生産されます。


ここでご紹介の全ての画像はサンプルにつきそのまま販売されません。
販売商品はきちんとデザインされた『カッコイイ』デザインになります。

次のシーズン販売が決定しました。
詳しくは次回に・・・







RS Beetle HH

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

今期ラストラン!

グランデコは前夜の降雪で、今の時期にしてはGoodコンディション
でした。
スキー場最上部は、西吾妻山の中腹になりそこを境に上部は
雲がかかり雪が降っています。
Grandeco

今の時期に新雪ですが、後にこれが曲者でした。
Grandeco_m_2

リフトは3本動いていて、とりあえずコースの90%位をすべる事が
可能ですが、最上部のミントコース、途中のバジルを中心に滑りました。
Grandeco_h_2

正面に見えるのは猫魔スキー場で眺めは非常に抜群です。Grandeco_nekoma

この時期は時間の経過と共に、コンディションはころころ変わります。
Grandeco_m

今回持ち込んだボードは、14Evo Ltdのサードカーブを少し強くした
EDGEと、フライングフィッシュのリヤボードにサイドカーブを設け、
パウダー~圧雪までをカバーするパウダーマスターでした。
Grandeco_h
コース上部ではコース脇に新雪20~30cm位あり、始めのうちは
そこを中心に滑りました。
パウダーマスターは、重い新雪でも勿論乗りやすく、更にベース迄の
長い長い緩斜面でも難なくカービングターンをこなし、非凡な性能を
発揮しました。
これはフライングフィッシュの圧雪バーンは流してパスする・・・から
前進した一番の違いです。
先日の尾瀬戸倉の荒れたハードバーンでも好印象だったので、やはり
オールラウンドボードとして使用可能と思います。
※只良いとこ取りなので、ソフトフレックスによる事故には充分注意
したい所です。扱いを丁寧に、使用方法を間違えなければ良いと
思います。
幅広ボードを、ソフトフレックスとトーションを利用してターンをする
と言う事ですね。

EDGEは多分コースコンディションがよければ、全く違う印象に
なった筈です。
今回初めの内は荒れた柔らかい雪と、後には表面のみ緩み始めた
雪質で予想に反しリヤボードがずれました。
もっと結晶が崩れ、水分の多いシャーベットの重い雪だったら
全く違った印象になった筈です。
こちらはハードバーンでそのサイドカーブを利用して、今までの
ワイドボードで少し苦労していたカービング性能をUPさせ乗り易さを
手に入れたボードではないでしょうか?
いずれにしろ長いシーズンには、色々なコンディションがありますので
シーズンを通して乗ってみたいと思いました。

私とKさんの意見をまとめました。
しかし来期はどんなラインナップになるんでしょうね!
悩みが増えました。

Youtube



RS Beetle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

プロトボードの考察 その2

パウダーマスター/ソフトフレックス
ズバリコンセプトは、フライングフィッシュのパウダー性能に
14 Xtream(All Day)やEvo Ltdの圧雪性能をプラスした
オールラウンドモデルか?

フロントボードは前側は狭く、中間部で少し広くなっています。
Dsc03753

こちらで確認できます。
Dsc03755

ほんの少しですが・・・
Dsc03756

リヤボードにはゆるいサイドカーブがついています。
Dsc03760

他の全てを犠牲にしてもパウダー性能をアップさせるべく、非常に
潔いフライングフィッシュのボードシェイプが良くわかります。
リヤボードのテールを狭くし、スプリットテールでボードを沈ませ、
きれいなパウダースプレーを上げます。
パウダー性能を第一に考えられている事が良くわかります。
それに比べこのパウダーマスターは、良いとこ取りのような気がします。
Dsc03762

リヤボード テールはロッカー形状で、フロントを浮かす事を
考えています。
Dsc03764_2

以前にほんの少しの時間試乗した事がありますが、カービング性能にも
非常に優れていました。
フレックス・トーション共非常に柔らかく、最初にウィリーをした所、
テールがしなりすぎて後ろにひっくりかえりました。
Dsc03761

ボードがワイドだと、楽にカービングさせるのには、デッキ~ボード
エッジ間のハイトを多くとる事になりますが、フレックス・トーションが
柔らかいとボードのしなり・ねじれを利用してターンをする事が可能ですし、
又乗っていて非常に面白いと思います。
試作フレームはボードの横方向を、90mmで取り付けが可能に
なっていてトーションを生かしきれる設計になっています。
さかのぼれば2011ワイドボードに、2010ナローボード用フレームを
利用して狭い100mm幅でボードを取り付け、スーパーカービング
マシンに仕上げた事が思い出されます。
P1080358

もしこれが市販されると、あらゆるシチュエーションで完璧な
オールラウンドマシンになりそうな気がします。
パウダー95点、圧雪でも95点のクロスオーバーマシン?
ただソフトフレックスの欠点として、扱いには注意が必要で
ボード破損には充分注意する事が必須です。
リプレイスメントボードは非常に高額ですので・・・

主にジャンプ等で楽しむには14Evo Ltd(2015継続販売?)の方が
ハードフレックスで良いとは思います。

フロントボードからリヤボードに繋がるサイドカーブが良く解ります。
このサイドカーブがフライングフィッシュとの大きな違いです。
Dsc03763

もしあなたがスキー場に足を運ぶとき、
今日はパウダーか?
ソフトな圧雪か?
またまたハードバーンか?
そんな悩みもこのパウダーマスター1台でOKになるかも知れません。

今までは私の想像・主観で書いています。
全てはじっくり乗り込んだ後に答えは出ます。
スノーフリークの心を惑わすSAI スノーモトから目が離せません。

※上記記事のボードは、テスト品で現時点では発売されるかどうか
決まっていません。
メーカーでは数々のコンセプトのプロトボードでテストを重ね、乗って楽しい
製品を販売する為にデータを蓄積しています。



エッジ、パウダーマスター共5(土)、6(日)はお店で展示して
いますので、興味がありましたらお出で下さい。



RS Beetle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

プロトボードの考察 その1

スノーモト プロトボード EDGE/ミディアムフレック
                  (マウンテンサーフ)
2014~発売のEvo Ltdは、それに以前のボードよりもワイド化し
ニーズの多様化に対応しました。
私もこれをメインに2014シーズンを充分楽しみました。
今回メーカーさんよりお借りした『Edge Mid Flex』は、14Evo Ltdボードと
比較すると各サイズ的には殆ど変更が無く、サイドカーブが強くなった
事がわかります。
P1080350

フロントボードのトップが広くエラが張った形状です。
テール幅に変更は有りません。
P1080349

そこからリヤボードへはスムーズなラインで繋がっています。
P1080360

リヤボードのトップは殆ど変更が無く、
P1080351

やはりテール幅が広がり、F・Rボードを通してのサイドカーブラインが
強くなっています。
又テールは特徴のある形状で仕上げています。
P1080352

リヤボードはキャンバーをつけてエッジグリップをUPさせています。
Dsc03765

スノーバイクは、前後のボードを1枚のボードとして使いターン
します。
サイドカーブは、前後ボードをトータルで考え描かなければ
なりません。。
一般的にサイドカーブが強くなると、より鋭いアグレッシブな
ターンを描く事が可能になります。
果たしてどんな乗り味か4/7日に乗ってきます。

明日はパウダーマスター(ソフト)をご紹介します。
又5(土)、6(日)はお店で展示していますので、興味が
ありましたらお出で下さい。

※上記記事のボードは、テスト品で現時点では発売されるかどうか
決まっていません。
メーカーでは数々のコンセプトのプロトボードでテストを重ね、乗って楽しい
製品を販売する為にデータを蓄積しています。




RS Beetle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

湯の丸ラストライディング!

早いもので、11月末にシーズンしましたが、3/31日が今季ラスト
ライディングでした。
P1080348
前夜の道路ライブカメラで降雪はわかっていましたが、コースに
出てみるとどうやら新雪は強風で飛ばされたらしく、アイスバーンの
上に、所々新雪が乗ったなんとも言いがたいバーンに少し
テンションダウン!
それでも一番滑りやすい第6を集中的に滑りました。
最後はコースに一礼し、無事に湯の丸を終了出来たお礼を
してきました。
前週までのコンディションは悪くなく、春特有のべた雪には
一度も遭遇せずにすみました。
さて来週はグランデコにでも遠征し、シーズン締めの
ライディングをしてきます。

そろそろ2015モデルの詳細情報も解ってきますね?


RS Beetle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »