« 2012モデルの考察Vol.1 | トップページ | 2012モデルの考察 Vol.3 »

2011年7月17日 (日)

2012モデルの考察Vol.2

2012 A28 Evolution
ビビットなカラーバリエーションで心が躍るような感じです。
スノーモトには今まで無かったカラーで、おもちゃ感覚で選んでも
楽しいはずです。

ついに2シーズン目を迎えるA28 Evo ワイドボードですが、
今までのスノーモトに対する既成概念を打ち破ったモデルと
言う事で、11シーズン初めこそ戸惑いがありましたが、今では
『ナローには戻れない』と言う声を聞くまでになりました。
パウダーコンディションをターゲットに開発されはしましたが、
あらゆるコンディションでアドバンテージがあり、その磐石の
高速安定性が多くのライダーを虜にしました。

2012モデルで改良されたEvo Ltdと同じデッキ(セッテイングの
自由度が増しました。)、そしてリヤトラック、Ltdの影に隠れて
しまいそうですが、本当の主役はこちらですよ。

通常の使用には何ら不足の無いパフォーマンスで、2012も
多くのスノーモトワイド ジャンキーが生まれることでしょう。
2012snowmoto_a28evo
Hot Waxを塗った瞬間にクオリティーの高さを実感させる
ウッドコアボードは、どんな使用にも耐える程のハイ
ポテンシャル・タフネスさを秘めています。
シートブームも柔らかい材質に変更され、サポート性能が
一段とアップされています。

主な仕様はLtdと同じながら、2011よりもプライスダウンされ
とてもリーズナブルで、ポップなカラーのA28 Evolutionで
ゲレンデが明るく彩られる事でしょう!
今からシーズンがとても楽しみです。


バーチャルインプレッション!
リヤボードの横方向の取り付けを100mmにセッテイングし
縦方向は150mmのカービング仕様、
2011モデルよりもストレートの安定性は少しスポイルされた
とは言え、全く問題のないレベルでクイックなナローボードの
テイストさえ感じられます。カービング時オプションで販売の
『スーパーアイソレーター』が僅かにフロントボードの角度を
最適に可変させ、フロントボードのエッジの抵抗を無くして、
ボードが頭に描いた通りのラインをトレースして進みます。
軽く積もった新雪もパウダーガードのお陰で、デッキにたまる
事も無く快適なフットスペースを確保できます。

※発売予定のオプションを含み、想像で書いた物です。参考程度でお願い致します。




Call Now:049 224 4946
又は
こちら








|

« 2012モデルの考察Vol.1 | トップページ | 2012モデルの考察 Vol.3 »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012モデルの考察Vol.2:

« 2012モデルの考察Vol.1 | トップページ | 2012モデルの考察 Vol.3 »