« アルミ製ESCK試作品 | トップページ | カーボンプレート »

2011年3月 9日 (水)

今シーズン一番

毎週火曜日の休みを利用してのスノーモトライディングですが、
(今回も1人、Kサン木島平で肩負傷)
行きの碓氷軽井沢でトンネルを抜けると素晴らしい光景でした。
一気にテンション
今季雪が多いと報道されてはいますが、意外に私の行く所
ふかふか新雪に恵まれません。(滑るには充分な量ですが)
P1050931
大いに期待しての湯の丸到着ですが、早々に第3に上がると
こんな感じでした。
ス・バ・ラ・シ・イ 私的には今季で一番ではないでしょうか?
P1050937
はやる心を抑えてEPCK(名称変更です。イージースーパー
カービングキット⇒イージーピュアカービングキット)のテスト
を開始しました。
P1050935
チョット片斜の第六でのラインですが、エッジの切り替えから
カービングへ移行するラインが見て取れます。
P1050938
今回はこんな感じの雪でした。
しかし湯の丸の実力はこんなものでは有りません。
私はここ湯の丸で、過去に2度ほど本当のパウダースノーを
経験しています。それは本当にフワッ フワッと雪が積もり、
滑って見ると何をしても転ばない、そんな感じの雪でしたが
しかしそれは物凄く寒くて1本滑ると休憩を余儀なくされる
ような感じでした。
P1050945
今回はテストという事で沢山滑るのと、色々なコースでの
EPCKの挙動を確認する為に、第1、第2、第3、第6とパーク
主体の第4以外全てのコースを滑りました。
P1050943
他のスキー場から比べれば比較的緩斜面の多い
ここ湯の丸ですが、スノーモト的には全コース充分
楽しめる斜度と判断しています。

まず第3を3本滑りました。EPCKは確かに大回りも
小回りもイージーですね。
私は内足に加重する⇒ハンドルを倒すを同時にする、
(その時に後から倒す角度を追加できないので
一気に倒す)倒す角度でターン弧が決まります。
その時にバランスを保ちつつ、無理にステアリングを
切らず、足で横にボードを押し出さず自然にターンが
終了をするのを待つ、(スピードコントロールの時には
最後にずらすとドリフトターンでブレーキになる)
STDの状態ではその倒しこみの時の角度合わせが
難しく、エイットいう感じでする必要がありました。
上級者はそれでも良いかもしれません。しかし初心者
は到底無理です。
メーカーさんもあらゆるテストをして商品の開発をして、
自信を持って製品を発売します。
しかし安全マージンや耐久性・販売価格を考慮しての
発売になる為に、どうしても出来ない事が有ります。
そこにアフターマーケットパーツメーカーの出番があります。
本来そのものが持つポテンシャルを更に引き出す。
そんなコンセプトでEPCKを試作しました。

その後第6に移動、ここはロングコースで途中緩斜面が
あり、その後ストンと落ちます。
上記画像は比較的他のカービングラインが無い場所での
ライン弧です。
これはロングターンですが、ここのコースでは着座ストレート
等色んな滑りを楽しめます。

※着座ストレート⇒今回シートブームを外して腰を落とした
フォームをとりやすくしました。緩斜面ストレートで抜群の
安定感があります。

第1は少し離れている為に滑走者が少なく、スキー上級者が
一番多いのですが、滑り始めは緩やかで途中落ち込む
斜面変化が有ります。
最大27度と言う事ですが、その落ちこむ場所が気持ち
良いですね。この日はコンディションが良く、良いと言う事は
早く荒れると言う事です。スキーヤー・アルペンボーダーも
良いコンディションの為にガンガン滑っています。
6~7本滑リ、記憶にある昨年のエボとは違うボード剛性の
高い安定感のある滑りを確認しました。
勿論27度位でもターンはイージーでした。

時々駐車場所の車に休憩等で行く時には、第3~第2を
一気に滑ります。第3後半から第2をそのままストレートを
着座で滑走しますが、ストレートも全く問題無く安定しています。

その後多くの滑走者でどのコースも荒れてきて、第3中心に
沢山滑走しました。非常に荒れた雪面をジャンプしながらの
MX的ライディングでターンしても、非常に安定していて前回の
ラインを苦も無くトレースできます。
ターンもイージーで、このキットの完成度の高さを確認し
テストを終了しました。荒れたバンピーなコンディションも
フットバーにより、何事も無かったように駆け抜ける事が
出来ました事を付け加えておきます。

休み明け本日、お問い合わせも有り早期に発売をしたいと
思います。

EPCK(Easy Pure Carving Kit)
定価は12800⇒今季はオフシーズン価格として¥9800
(送料別途)で発売します。

ズバリ発売は3/18日を予定しています。



|

« アルミ製ESCK試作品 | トップページ | カーボンプレート »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン一番:

« アルミ製ESCK試作品 | トップページ | カーボンプレート »