« 残りは2台となりました。 | トップページ | ラスト1台 »

2010年10月 1日 (金)

エボワイドボードについて・・・

ご連絡:2011 Snow Moto A28Evolution Wideのカラーが

ホワイト、ブラックから

ブラックレッドライムイエローに変更となりました。

ホワイトの購入を考えていたお客様には申し訳有りませんでした。



11ワイドボードの考察
Spec:
フロントボード
下で触れますがサイドカーブは限りなく直線的で、
前部一番広い幅が250mm、
後部一番狭い幅が235mm、
ウエストが235mm、
P1050458

リヤボード
前部一番狭い幅が230mm、
後部一番狭い幅が250mm、
ウエストが227mm、
P1050454
つまり前後ボード共幅に20mmの差があります。
次にサイドカーブですが、
フロントボードの場合殆ど直線的です。

P1050461

リヤボードの場合フロントよりもカーブしていますが、それでも
スノーボード等から比べると緩やかなカーブになります。
つまりボード中心部のサイドカーブというよりも、前後ボード幅の
違いを利用した複合的サイドカーブでしょうか!
P1050464

スワローテール、
P1050466
以上の事を踏まえ試乗時を思い出しますと、あのリヤボードの
素晴らしいキレはリヤボード加重(意識的にハンドルバーを手前に引く)
の時にはかなりリヤボードがたわんでいると思います。
変更になったトラック、リヤボードの長さ延長、ボードのフレックスの
見直し、そしてクオリティーアップの影響ですかねぇ~。
リヤボードフロント部のエッジが加重により雪面を捉えカービングを
開始していきます。それは今までのスノーモトの感触ともスノーモトとも
違う新鮮な感覚です。
それは意識的なリヤボード加重でより顕著な動きになります。

確かにビジュアル的にもボードのクオリティーアップは理解できます。

そして次期シーズンはパウダー三昧の予感、ここでもっともワイドの
安定感が発揮できます。

11エボワイドご期待下さい。


|

« 残りは2台となりました。 | トップページ | ラスト1台 »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エボワイドボードについて・・・:

« 残りは2台となりました。 | トップページ | ラスト1台 »