« 有り難うございます。 | トップページ | 10Evo用デッキパッド »

2010年2月18日 (木)

う~~ん・・・

いや~ 今朝の雪には驚きました。

17日のレポートです。
行きの関越東松山あたりが白く雪化粧でした。
その後上信越道は高い山の上は白かったのですが、
道路は最後のスキー場まで雪はなし・・・・・

ここはシーズン中浅間山を定点観測している場所ですが、
雲がかかり何にも見えません。
P1000242

下から見ると山の上は雲がかかっていますが、下は晴れたり
曇ったり目まぐるしく変わります。

久しぶりにアルペンボードに乗りました。
今日は湯の丸では一番ボードに良さそうなバーンコンディションでした。
何と表現したら良いのか解りませんが、シルキーバーンとでも
言いますか、程よく締まった最高のバーンです。
約10本位一気に滑り、スノーモトにチェンジです。
P1000243
デジカメを忘れ携帯画像です。

今回は下記画像の様に、Fボード前側を少し上げて見ました。
後ろ側に2mmのスペーサーを噛ましました。
ある人に教えてもらい、ある人のBlog(スノーモト系)で紹介されていた
記事によると、カービングターン時に後ろ側ボードが、加重ポイント中心
又は一番ボードの狭い部分がたわみます。
つまり谷型になります。
その場合前後ボードのラインが合わずに、本来加速するターンである
カービングターン時に、Fボードが抵抗になり、減速ターンになる
と言うものでした。
そんな時にFボードの前側を上げて、Fボードの後ろ側部分の
エッジのみを使うときれいな1本線のエッジラインになると言う
ものでした。
P1040607
そこで紹介されていたのは、可変式で必要時にFボードの前側が
5cm位上がるとの事でしたが、いかにもメンテナンスが大変そうな
仕掛けでしたので、固定式Fボード前側アップでテストして見ました。
しかしこの位では効果は感じられませんでした。

カービングターン時に、意識的にイン側のハンドルバーに
加重して、Fボードのエッジプレッシャーを掛けた方が効果は
認められました。

今まで色々テストをしてきましたが、耐久性やメンテナンス性を
考慮して誰でもが安全に楽しめる方法のみにすると、
今のビートルデモンストレーション モトは、誰もが安価に
安全に楽しめるチューンになるかと思います。
これはフリーランに限った場合のみになります。

只パークで遊ぶ場合には、ノーマルでボルト類の緩みや各部
破損に注意しながら楽しむ方が良いと思います。
余り過激なチューンは強度的な問題もクリアしなければならず、
ノーマルの方が安全性が高いと思います。



さて次は何をテストするか?????


真ん中上が赤岳(八ヶ岳)です。
Akadake

|

« 有り難うございます。 | トップページ | 10Evo用デッキパッド »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: う~~ん・・・:

« 有り難うございます。 | トップページ | 10Evo用デッキパッド »