« 多分、フットバー! | トップページ | 中古スノーモト情報! »

2010年1月 6日 (水)

フットバーのテスト結果?

ビジュアル的にはスッキリしていて高級感があり、
性能的にもガッチリ止められ、外力により動くような様子はなく、
まず結果は非常にGoodでした。
そして思わぬデータも収集できました。


実際の生産品は、
シルバー/ブラックスポンジ、
レッド/ブラックスポンジを予定しています。
現在材料の見積もりをしていますので、近日販売価格も
発表できます。
P1040393

リフト乗車時はハンドルバーを持っていると、R・ボードが
雪面をこすり傷が付く恐れがあり、非常に気になります。
特にシーズン当初と終了時には石・土が露出していて嫌です。

そんな時にフットバーが有れば、簡単にモトを浮かす事が可能です。

リフトの設置場所の地形により、暫くそのままの体制を保持し、
P1040397

その後セーフティーバーが有れば、ハンドルバーを引っ掛ければ
楽チンです。
これで長いリフトも安心です。

※過去にシングルの長いリフトで、セーフティーバーもなく
途中で耐えかねて、放り出したくなった経験があります。
P1040394

そして今回の収穫はもう1ッありました。

フットバーの位置を変える事によりモトの挙動がかなり
変ると言う事でした。

Beetle Specialモトは、レンサルアルミハンドルバーを
使用している為に、手首に伝わる衝撃はかなりアルミバーの
持つフレックス性能が吸収してくれてはいますが、もう一つ
形状的にに手前に対する曲げがあり、ポジションはバイクに
近く(当たり前です。)乗りやすいのです。

又グリップもレンサルの一番柔らかいコンパウンド、形状も
滑り止め形状のフルワッフルを使用している為に、ハンドルバー
との相乗効果(吸いつくようなフィーリングと、衝撃吸収性)
がかなり生かされています。
P1040398
フットバーで足の位置(ブーツ位置)を決められる為に
(これ以上は前に行かないようにする事が可能)
前後ボードに対する加重を理想的な割合にする事が可能です。
何度も滑り、自分の好みのセッテイングを出してしまえば
何時でも同じ滑りが出来ます。

昨日はパウダーを食い散らかした後のコンデションで、
高速滑走時の雪面からの衝撃はかなりの物がありました。
そんなシチュエーションでも、Beetle Specialモトは小さな
ギャップの連続を難なく滑っていきます。
非常にスタビリティーが高いです。


新発見をした昨日の滑走レポートでした。




スノーモトオーナーズミーティング アット 湯の丸
1/24に開催します。参加者募集中!
詳しくはこちらで、

スノーモトの詳しい説明・ご注文はこちらで、




|

« 多分、フットバー! | トップページ | 中古スノーモト情報! »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フットバーのテスト結果?:

« 多分、フットバー! | トップページ | 中古スノーモト情報! »