« リポートが届きました。 | トップページ | マダマダ進化するビートルデモンストレーション用モト »

2010年1月28日 (木)

ボルトの緩み対策・・・

ボードの取り付けボルトは構造的にどうしても緩み、滑る毎の
増す締めは必須ですが、当店では10Evo発売と同時にボルトに
穴を開けてワイヤーロックをしていました。

バイクのロードレース等では当たり前の事ですが、今までのテストで
結果は全く問題が無く、メンテナンスがかなり楽になりました。

そうは言っても全くそのまま点検はいらないと言う事ではなくて、
アイソレーターのヘタリ等もあり、時々の点検は必要です。

※スノーボード等でもバインディング取り付けボルトは良く緩みます。
滑る毎の増す締めは必須です。

当店デモンストレーション用モトを確認した所、7時間位滑走して
ほんの少し緩んでいました。

ボルトは全く回転していないので、各部の当たりというかヘタリと言うか
馴染んだ結果そうなったのだと思います。

これからは多分殆ど緩んだりの変化は余り起きない事と思います。

以前からこの事に興味を持たれ、お問い合わせも有りましたので、
今回純正ボルトに穴あけ加工をしての発売です。

2010Snow Moto A28DX, A28Evo用純正バレルボルト
フロント用4本、リヤ用4本¥2980、
穴あけ加工¥600、(ステンレスワーヤー付き)
合計¥3580
で発売します。
Sm_bolt_1

ご覧の様に大変なハンドメイドの作業なので、手間がかかります。
Sm_bolt_2
引き続きテストをして結果発表して行きます。



(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

|

« リポートが届きました。 | トップページ | マダマダ進化するビートルデモンストレーション用モト »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルトの緩み対策・・・:

« リポートが届きました。 | トップページ | マダマダ進化するビートルデモンストレーション用モト »