« 毎度有り難うございます。 | トップページ | 組み立て・・・ »

2009年12月23日 (水)

10A28Evolution3台によるセッション!

2010スノーモトA28エボリューションモデル3台による
滑走を行いました。

先日の降雪により抜群のゲレンデコンディション!!

朝の関越通行止めには参りましたが、何とか少しの渋滞で
スキー場に到着、スキー場の画像でコンディションは解って
いたので安心でした。
10Evo 2回目の滑走で、しかも今回他にお客様2名様と一緒と
いう事でとても楽しみです。

10Snowmoto A28Evolution 3台によるセッション!
At 湯の丸スキー場



前回の初滑走はコンディションが今一でしたが、10A28Evoの
ハイパフォーマンスの片鱗は感じられたので、今回は最高の
コンディションでのデイープな部分を感じたく、主にハイスピード
時の挙動を試して見ました。

流石に12時頃になると、多くのスキーヤー・スノーボーダーが
滑った中斜面は荒れてきて、直線的な浅いターン時でも凸凹の
部分になると、ハイスピード時には結構な突き上げが有ります。

しかし今回経験したそれは凸を軽くいなし、何もなかったかの
ように通過していきます。
自分でヤ・バ・イと判断するスピード域でも安心して通過できました。

ボードの性能・軽く又衝撃を吸収するアルミフレーム他の相乗
効果により、よりハイスピードでラインをトレースしていきます。

今回アイソレーターをつけていないソリッドの状態は、多少衝撃
吸収性が悪いのですが、この様なシチューエーションではやはり
アイソレーターをつけた方が、全てのライダーに受け入れられ事
でしょう。
私はどちらかと言うとクイックなエッジングの方が好きなので、
アイソレーター無しの方が好みですが、沢山滑る時等は疲れ
難くなると思います。又アイスバーンや硬いコンデションでは、
アイソレーターが付いていた方がコントロールもしやすくなり
良いと思います。

Dec22_09_2
優しいスキーヤーの方にお願いして写してもらいました。
何時も自分の事は写せずに困ります。
そんな時には勇気を持ってお願いして写してもらいましょう!


後は10cm以上の降雪時の、グルーミングをしないパウダー
状態でのファーストトラック滑走が望みです。

シートブーム軽量化による性能10kmアップは達成出来ました。(大笑)




|

« 毎度有り難うございます。 | トップページ | 組み立て・・・ »

スノーモトあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10A28Evolution3台によるセッション!:

« 毎度有り難うございます。 | トップページ | 組み立て・・・ »